早わかりJXTGグループ

JXTGグループは2017年4月、
JXグループと
東燃ゼネラルグループの
経営統合により誕生しました。
持ち株会社である
JXTGホールディングスの
もとに3つの事業会社を配置しています。

持株会社 JXTGホールディングス株式会社
  • エネルギー

    JXTGエネルギー
  • 石油・
    天然ガス開発

    JX石油開発
  • 金属

    JX金属

JXTGグループについて

JXTGグループは、売上高が10兆円規模の
国内有数の企業グループです。

連結売上高※1

111,296億円

連結営業利益※1

5,371億円

在庫影響除き
営業利益※1※2

5,157億円

連結従業員数※3

40,695

時価総額※3

22,059億円

上場市場

東証・名証

第一部

単元株

100

  1. ※12018年度実績(2019年5月13日発表)
  2. ※2在庫影響(原油価格の変動が損益に与える影響)を除いた実質的な営業利益
  1. ※32019年3月末時点

JXTGグループの事業

JXTGグループは、
エネルギーと非鉄金属の両事業領域において、
上流から下流にわたるビジネスを展開しています。

エネルギー事業

エネルギー事業
JXTGエネルギー

総合エネルギー企業として、エネルギーの安定供給と有効活用を通じて、持続可能な経済・社会の発展に貢献します

  • ガソリン販売シェア50% 国内 第1位
  • 原油処理能力193万バーレル/日 国内 第1位
  • パラキシレン供給能力362万t/年 アジア 第1位

石油・天然ガス開発事業

石油・天然ガス開発事業
JX石油開発

安全と環境に最大限配慮しつつ、石油・天然ガス資源の開発を進めています

世界12か国で
石油や天然ガスの
探鉱・開発・生産活動を展開
原油・天然ガス生産量
日産11

バーレル※1

確認・推定埋蔵量
511百万

バーレル※2

※1 原油換算(2018年度実績)

※2 2019年3月末時点

金属事業

金属事業
JX金属

非鉄金属資源の安定供給と有効活用を通じ、地球規模での社会の持続的発展に貢献します

  • 銅鉱山権益量(銅精鉱中銅量)年間約20万トン ※1

    ※1 2018年度実績

  • 電材加工 世界シェア1位の製品群
  • 銅製錬 地金生産能力 年間約92万トン ※2

    ※2 2019年3月時点持分ベース

世界に広がるJXTGグループの拠点

  • 国内
  • 海外
エネルギー事業
  • 事業所を非表示
  • 事業所を表示
石油・天然ガス事業
  • 事業所を非表示
  • 事業所を表示
金属事業
  • 事業所を非表示
  • 事業所を表示
エネルギー事業
  • 社名(国名)を非表示
  • 社名(国名)を表示
石油・天然ガス事業
  • 社名(国名)を非表示
  • 社名(国名)を表示
金属事業
  • 社名(国名)を非表示
  • 社名(国名)を表示

JXTGグループが目指すこと

JXTGグループは、グループ理念の中で
「地球の力を、社会の力に、そして人々の暮らしの力に。
エネルギー・資源・素材における創造と革新を通じて、
社会の発展と活力ある未来づくりに貢献します。」
を使命と掲げています。

グループ理念を実現するための
「抜本的な変革の実行プラン」として
2017年に策定した
中期経営計画の達成を目指します。

在庫影響除き営業利益

5,000億円(2019年度)

フリー・キャッシュ・フロー

5,000
億円

(2017–
2019年度累計)

ネットD/Eレシオ

0.7
以下

(2019年度)

ROE

10%
以上

(2019年度)

  • フリー・キャッシュ・フロー:営業活動で得た現金から投資に使った現金を差し引いて求める
  • ネットD/Eレシオ:ネット有利子負債と資本の比率。この数値が小さいほど財務の安定性が高い
  • ROE(自己資本利益率):株主資本(自己資本)に対してどのくらいの利益を上げたかを見る指標

経済的価値向上

基幹事業の強化
統合シナジー達成 / 資本効率の向上
成長戦略
イノベーションの推進・グローバルな事業展開

社会的価値向上

ESG経営の推進
社会の発展と活力ある未来づくりに貢献
新たなCSR推進体制の構築
  • コンプライアンス委員会
  • 環境安全委員会
  • 人権・人材いきいき委員会

JXTGグループの出来事

2015年2015
2016年2016
2017年2017
2018年2018
2019年2019

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。