社会性

健全な職場環境

基本的な考え方

JXTGグループは、ワークライフ・マネジメントの推進を通じ、社員一人ひとりの意欲や創造性を高め、かつ能力を最大限に発揮できる組織を目指しています。
また、社員一人ひとりが、性別、年齢、国籍、人種、民族、皮膚の色、文化、思想、宗教、信条、政治的見解、性的指向(LGBT)、障がいの有無、家庭・個人事情の違い等の多様性(ダイバーシティ)を受容(インクルージョン)することで、組織全体として新たな価値を創造し、ひいてはグループの成長につながると考えています。
このような考え方のもと、JXTGグループ行動基準に定めるとともに、さまざまな取り組みを推進しています。

JXTGグループ行動基準(抜粋)
  1. 12.健全な職場環境の確立
    1. (1)私たちは、適切な健康管理・ワークライフバランス等の推進により、職場でいきいきと働くとともに、自らおよびその家族ならびに職場の仲間が、健康で文化的な生活をおくれるよう努めます。
    2. (2)私たちは、多様な個人が最大限に力を発揮できるよう、ダイバーシティを推進します。
    3. (3)私たちは、相互の対話および円滑な意思疎通を通じて、働きやすい職場環境を確保・維持するよう努めます。
    4. (4)私たちは、人材の育成に努め、自らおよびお互いの能力伸長を図ります。
    5. (5)私たちは、事業活動に従事する間に宗教活動、政治的活動およびこれに類する活動を行う場合は、事前に決裁権者による確認・承認を得ることとします。

体制

JXTGホールディングス社長を議長とするJXTGグループCSR会議のもと、JXTGホールディングス人事部管掌役員(取締役)を委員長とする「JXTGグループ人権・人材いきいき委員会」を設置しています。
同委員会では、ワークライフ・マネジメントやダイバーシティ&インクルージョンに関する共通の方針や方向性の審議、各社の活動状況の確認・評価、情報共有などを行っています。
具体的には、女性社員、障がいがある社員などの活躍推進や働き方改革の推進、両立支援制度の拡充など、各種施策を実施します。

詳細は、人権・人材育成・健康に関する推進体制をご参照ください。

女性の活躍推進

JXTGグループでは、意欲ある女性社員が自身のキャリアをしっかり考え、成長を目指すことを支援するため、男性社員を含めた働き方意識の改革や諸制度の整備を進めています。
また、グループ各社において、2016年4月1日に施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく「女性活躍推進行動計画」を策定し、目標実現に向けた取り組みを推進しています。

詳細については、主な両立支援制度をご参照ください。

「女性活躍推進行動計画」における目標

  • JXTGエネルギー:2020年度の学卒採用者の女性比率を25%以上にする。
  • JX石油開発:採用した労働者に占める女性労働者の割合15%を維持する。
  • JX金属:女性社員を着実に増やし、かつ女性管理職を早期に育成するため、新規大学卒業者採用に占める女性比率を30%以上とする。

女性社員の雇用状況

(2018年3月末時点)

女性新規採用者数 65名 新規採用者における女性比率:14.1%
全女性従業員数 1,226名 全従業員における女性比率:10.9%
女性管理職者数 76名 管理職における女性比率:2.5%
女性取締役数 2名 取締役における女性比率:11.1%
全女性従業員の平均勤続年数 17.3年 男性従業員の平均勤続年数:19.4年
男女間の平均勤続年数の差:2.1年
  • 集計対象:女性取締役数はJXTGホールディングス、それ以外はJXTGホールディングスおよび中核事業会社。

従業員意識調査などによるモニタリング

JXTGグループは、全従業員を対象として、匿名形式のアンケート調査を2年ごとに実施しています。2017年度は、女性活躍・両立支援・LGBTなどをテーマに実施しました。結果は、取締役会に報告し、女性の活躍推進に関する施策に反映しています。

配偶者海外転勤同行者再雇用制度

JXTGエネルギーでは、女性活躍推進の取り組みの一環として、配偶者の海外転勤に同行するために退職せざるを得ない社員が、退職時に登録を行うことにより、退職から5年以内であれば、本人の申し出に基づいて再雇用する制度を導入しています。

ダイバーシティ&インクルージョンの推進

JXTGグループは、以下の基本的な考え方のもと、組織全体として新たな価値を創造し、会社の成長につなげていけるよう、ダイバーシティ&インクルージョンに積極的に取り組んでいます。

  • ダイバーシティを実現する、公平公正な採用を行う。
  • 多様な人材が持てる能力を最大限発揮できるよう、職場環境を整備し、効果的な人材育成を行う。
  • 社員一人ひとりがダイバーシティ&インクルージョンの重要性を理解し、相互を尊重し、協力し合い、成長し合う組織風土の醸成に取り組む。

「イクボス企業同盟」に加盟し、活動

調印式後の記念撮影
(左)JXTGエネルギー 杉森社長(当時)
(右)ファザーリング・ジャパン 高祖理事

JXTGエネルギーは、2017年9月21日に、NPO法人ファザーリング・ジャパンが設立した「イクボス企業同盟」に加盟しました。
イクボス企業同盟は、女性活躍やイクメンなど社員が多様化する時代において、「イクボス」の重要性を認識し、積極的に自社の管理職の意識改革を行って、新しい時代の理想の上司(=イクボス)を育てていこうとする企業のネットワークです。
加盟にあたって、独自の「イクボス宣言」を作成・宣言するとともに、引き続きイクボスの趣旨に沿って女性活躍推進、働き方改革を含むダイバーシティの推進にさらに注力してまいります。

  • イクボスとは、職場でともに働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のこと。

JXTGエネルギーのイクボス宣言

JXTGエネルギーは、「イクボス」の趣旨に鑑み、すべての人材があらゆるライフステージにおいて仕事と私生活を両立し、いきいきと働くことができる環境づくりを進めて参ります。

障がい者の活躍推進

2017年度の障がい者雇用率は、法定障がい者雇用率の2.0%を上回る、2.3%でした。
JXTGグループでは、障がいを1つの個性と捉え、特定の職場に集中的に配置するのではなく、それぞれの個性や適性に応じて配置することにより、障がい者の活躍推進を図っています。
また、障害者職業生活相談員や職場適応援助者(ジョブコーチ)を設置するなどし、職場適応への支援も行っています。

定年退職者の再雇用

JXTGグループでは、定年退職者の再雇用制度を整備し、働き続けたいという意欲を持った従業員に、その貴重な知識・技術・経験を活かす機会を積極的に提供しています。
2017年度の再雇用者数(定年後)は、710名でした。

現地雇用の創出

JXTGグループは、海外事業所における現地雇用に積極的に取り組んでいます。
2017年度の海外拠点での現地雇用人数は、以下のとおりです。

(名)

JXTGエネルギー 1,279
JX石油開発 450
JX金属 2,029
合計 3,758

LGBT(性的マイノリティ)への取り組み

JXTGエネルギーはグループ行動基準に則り、従業員に対して性的マイノリティへの理解を促進するために人権啓発研修の一環として、部門別・階層別研修やe-ラーニング等で啓発活動を行っています。また、当事者が相談することができる窓口を設けています。
このような取り組みが評価され、2018年10月、任意団体work with Prideが策定する企業・団体などにおけるLGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標2018」で、「シルバー賞」を受賞しました。

  • 企業などの団体において、LGBTなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体。

ワークライフ・マネジメントの推進

JXTGグループは、以下の基本的な考え方のもと、従業員一人ひとりの意欲や創造性を高め、かつ能力を最大限に発揮できるよう、総労働時間削減や有給休暇取得促進を図っています。

推進指針

  • 社員一人ひとりがメリハリをつけた働き方で充実した生活時間を確保できるよう、生産性向上および業務改善を通じた総労働時間削減や有給休暇の取得を促進する。
  • 育児・介護等を理由に働き方に制約のある社員も「持続的なキャリア形成」と「持続的なパフォーマンス発揮」ができるよう、効果的な人事制度とプログラムを用意し、活用を推進する。
  • ワークライフ・マネジメントの重要性の理解促進・共有化のため社員に意識啓発を行う。

適正な総労働時間管理の徹底

JXTGグループでは、労働基準法に基づいた労働時間、休憩、休日および休暇などに関する規則を人事関係規程に定めています。
また、グループ各社において、いわゆる賃金不払い労働の根絶に向け、労働時間を適正に把握・管理するための仕組みを整備するとともに、総労働時間削減(時間外労働削減および年休取得促進)に向けたさまざまな取り組みを推進しています。

年次有給休暇の取得促進

JXTGグループでは、グループ各社において、年次有給休暇の取得促進に向けたさまざまな取り組みを推進しています。

2017年度の年次有給休暇取得状況

付与日数 22.3日
取得日数 18.8日
取得率 84.0%
  • 集計対象:JXTGホールディングスおよび中核事業会社。

主な両立支援制度

JXTGグループでは、グループ各社において、さまざまな両立支援制度を整備しています。

グループ各社の主な両立支援制度の一覧

  制度名 導入会社
出産・育児 産前産後休暇 グループ全社
子の看護休暇 グループ全社
育児休業 グループ全社
妻の出産のための特別休暇 グループ全社
復職支援金 JX金属
育児コンシェルジュ JX金属
ベビーシッター利用サポート JXTGホールディングス、JXTGエネルギー、JX金属
育児補助 JXTGホールディングス、JXTGエネルギー、JX金属
介護 介護休暇・介護休業 グループ全社
介護休業手当 グループ全社
ホームヘルパー補助金 JXTGホールディングス、JXTGエネルギー、JX金属
介護補助 JX金属
介護退職再雇用制度 JX石油開発
全般 短時間勤務 グループ全社
所定外労働の免除 グループ全社
フレックスタイム制 グループ全社
積立年次有給休暇 JX金属
有給による私傷病欠勤 JXTGホールディングス、JXTGエネルギー、JX石油開発
入院給付金 JXTGホールディングス、JXTGエネルギー、JX石油開発
配偶者海外転勤同行制度 JXTGホールディングス、JXTGエネルギー
キャリア継続支援休業制度 JX石油開発
復職制度 JX金属
在宅勤務 グループ全社
深夜労働の免除 グループ全社

2017年度の主な制度利用者数

育児休業取得者数 164名(うち男性107名)
出産・育児休業取得後の復職率 100%
復職後12ヵ月の定着率 96.6%
介護休業取得者数 3名
  • 集計対象:JXTGホールディングスおよび中核事業会社。

育児・介護関連制度の拡充

JX金属は、「人と組織の活性化」に向けた取り組みの一環として、育児や介護の事情を抱えていたとしても、持てる力を十分に発揮し働くことができる環境の実現に向け、これまでの制度の見直しや新制度の導入を行っています。

育児・介護関連制度の全体像(JX金属)

主な新制度(2017年度より)
復職支援金
育児休業からの復職にあたり、育児と仕事の両立のための準備にかかる経済的負担を軽減し、スムーズな復職につなげることを目的に、復職者に一時金を支給しています。
介護休業手当
介護休業中は収入が減少することに加え、社会保険料等の個人負担が継続します。この一部を支援することで経済的負担を軽減し、介護休業制度を利用しやすい環境を整えることを目的に、介護休業期間中、月ごとに手当を支給しています。
育児・介護補助
仕事と育児の両立を促進することを目的に、勤務のために利用する育児関連サービス費用(通常の保育以上に生じる範囲)、介護サービス費用(介護保険法に定めるもので、自宅以外に継続して入居し受けるサービスは除く)について月ごとに補助を行っています。
育児コンシェルジュ
早期復職や仕事と育児の両立を支援することを目的に、保活(保育所等確保に向けた活動)や育児全般についての情報提供・アドバイスを実施する外部窓口を設置しています。
ベビーシッター利用サポート
仕事と育児の両立を支援することを目的に、子の疾病や急な残業といった緊急時に加え、日常的な育児においてベビーシッターが気軽に活用できるよう、ベビーシッター会社と法人契約を結び、通常より安価な料金で活用できるサポート体制を整えています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。