株主・株式情報

株主還元(配当・自己株式の取得)

株主還元方針

株主への利益還元が経営上の重要課題であるとの認識のもと、中期的な連結業績の推移および見通しを反映した利益還元の実施を基本としながら、安定的な配当の継続に努める。

中計期間における株主還元の考え方

  • 経営統合による効果を積極的かつ早期に反映すべく、2017年度の1株当たり配当を2円増額の年間18円とする。
  • 経営目標達成の進捗により、さらなる株主還元(増配・自己株式取得)を目指す。

JXTGホールディングスの1株当たりの配当金

2017年度の実績が期初時点の計画を大きく上回ったため、期末配当を1株当たり10円とし、年間配当を19円としました。
また、経営目標の進捗状況を踏まえ、2018年度の年間配当予想を20円としました。

  中間 期末 年間
2018年度 10.0円 10.0円(予定) 20.0円(予定)
2017年度 9.0円 10.0円 19.0円
  • 加えて、2018年4月2日から9月30日の期間中に、41百万株(300億円)の自己株式を取得し、2018年11月7日に消却しました。

旧JXホールディングスの1株当たりの配当金

  中間 期末 年間
2016年度 8.0円 8.0円 16.0円
2015年度 8.0円 8.0円 16.0円
2014年度 8.0円 8.0円 16.0円
2013年度 8.0円 8.0円 16.0円
2012年度 8.0円 8.0円 16.0円

旧東燃ゼネラル石油の1株当たりの配当金

  中間 期末 年間
2016年 19.0円 28.5円 47.5円
2015年 19.0円 19.0円 38.0円
2014年 19.0円 19.0円 38.0円
2013年 19.0円 19.0円 38.0円
2012年 19.0円 19.0円 38.0円
  • 特別配当9.5円を含む

株主優待

現在、実施しておりません。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。