児童文化賞・音楽賞

概要

JXTG児童文化賞(創設1966年)

日本の児童文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞です。童画家、教育者、写真家、児童文学作家、子供新聞の編集者、ミュージカル主宰者など、さまざまな分野で児童文化に貢献された方々の中から受賞者が選ばれています。

賞創設のきっかけは1963年に遡ります。この年、当時のモービル石油創業70周年記念行事として、赤い馬をテーマにした創作童話を一般公募したところ、3,461点もの応募がありました。川端康成、波多野勤子、壷井栄、坪田譲治、藤田圭雄、筒井敬介の六氏により審査が行われた結果、福永令三氏の「十二色のクレヨン」が特選に選ばれました。

特選を含めた入選作を収録した童話集「赤馬物語」を全国の小学校へ寄贈したところ、教育界や児童文学界より大きな反響をいただいたことから、対象分野を児童文化全般に広げ、全国的に著名な活動から地域の活動まで幅広く受賞者が選ばれています。

JXTG音楽賞(創設1971年)

日本の音楽文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞で、邦楽部門および洋楽部門(本賞・奨励賞)の二部門にて構成されています。

邦楽部門では、雅楽、能、狂言、琵琶楽、尺八楽、箏曲、多様な三味線音楽、囃子など日本の伝統音楽の分野における演奏家・団体、さらには作曲者、研究者、評論家など、幅広い分野の中から邦楽の発展に寄与された方々が受賞者として選ばれています。また、これまでに21名の受賞者が、受賞後に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。

洋楽部門においては、作曲、指揮、声楽、そしてピアノ、ヴァイオリン、チェロなどの洋楽器の演奏、音楽ジャーナリズムや研究・評論などの分野において、日本の洋楽の発展に貢献された方々が受賞者として選ばれています。さらに1989年より、優れた若手音楽家を励ますために、本賞に加えて奨励賞が設けられました。

邦楽部門と洋楽部門を併せ持ち、単年度内の功績ではなく、それまでの実績全体に視点をおいた選考がなされている点が特色です。

2019年 受賞者(敬称略)

第54回JXTG児童文化賞 那須 正幹(なす まさもと)(児童文学作家)

略歴

広島市己斐本町(現)に生まれる。1965年島根県立農科大学林学科を卒業、2年間東京の日通商事株式会社に勤務した後広島に戻り、家業の書道塾を手伝うかたわら1968年「子どもの家」同人となり、児童文学の創作を始めた。現在までに出版された単行本は220余点を数え、作品傾向はノンフィクションからSF、ミステリー、ユーモア、時代物、冒険物、文芸物など多岐にわたる。中でも「ズッコケ三人組」シリーズは1978年から2004年末の完結まで、50巻に達し、2005年からは「ズッコケ中年三人組」シリーズが年一冊の割で刊行され,2015年「ズッコケ熟年三人組」で完結した。その他の作品に「ぼくらは海へ」「折り鶴の子どもたち」「絵で読む広島の原爆」「少年たちの戦場」「ばけばけ」など。日本児童文学者協会、日本文藝家協会、日本ペンクラブ会員。

贈賞理由

1972年「首なし地ぞうの宝」で作家デビューして以来、全50巻で累計2,500万部を超える驚異的な発行部数を記録した「ズッコケ三人組」シリーズはじめ、「お江戸の百太郎」シリーズなど、220余点の児童文学作品を通して多くの子どもたちに読書の面白さを伝えてきた功績は大きい。自らの原爆体験も含め綿密に取材した大型絵本「絵で読む広島の原爆」は、内外で高く評価されている。「折り鶴の子どもたち」「八月の髪かざり」「ヒロシマ」三部作など原爆を語り継ぐ作品や、絵本「ねんどの神さま」など平和への願いを伝える作品は、未来を生きる子どもたちへの大切なメッセージとなっている。ほぼ半世紀近くにわたる子どもの本の様々な分野での精力的な創作活動と、多大な功績に対し本賞を贈賞したい。

(児童文化賞 選考委員会)

第49回JXTG音楽賞 邦楽部門 観世 清和(かんぜ きよかず)(能楽 観世流シテ方)

略歴

©林 義勝

東京都生まれ。二十六世観世宗家。1990年宗家継承。初世 観阿弥・二世 世阿弥・三世 音阿弥の子孫。観世流家元として年間80番以上のシテ(主役)を勤め、その数は斯界随一であり、現在の能楽界を代表する。国内はもとよりフランス、アメリカ、インド、タイ、中国など世界各地で公演、2016年7月ニューヨーク・リンカーンセンターにおける招聘公演は、高い評価を得て大成功を収めた。また観世宗家に伝わる能面・能装束・伝書を収蔵する「一般財団法人 観世文庫」を設立し「観世アーカイブ」(インターネット)にて世阿弥 自筆本をはじめ、多くの伝書・文書類を広く公開し、能楽の研究と普及に尽力している。2017年には、「観世能楽堂」を銀座へ移転。(独)日本芸術文化振興会評議員として日本の伝統芸術の保存と継承に寄与、また、東京藝術大学音楽学部講師、国立能楽堂三役養成主任講師として後進の育成にあたる。著書・共著・監修に「観世清和と能を観よう」、「新訳 風姿花伝」、「能はこんなに面白い」などがある。

贈賞理由

能楽師、観世流シテ方。観世清和氏は観阿弥・世阿弥の流れを汲む観世流の二十六世家元である。国内外での公演で見事な演奏によって観客を魅了しつつ、古典の伝承とともに新作能を積極的に推進している。能の保存・研究・普及のために、観世家に伝わる能面・能装束・伝書の保管を目的に「観世文庫」を設立し、最近はそれらを「観世アーカイブ」としてインターネット上でも公開している。2017年には観世能楽堂を銀座に移転するという大事業を成功させた。「GINZA SIX」内に設置した二十五世観世左近記念 観世能楽堂を、能に限定することなく、他のジャンルも使用できる多目的ホールとしている。700年にわたって継承されてきた能の伝統を担い、それを次世代に伝えるとともに、新しい能のあり方を考え続ける観世清和氏の姿勢を、本委員会は高く評価する。

(音楽賞邦楽部門 選考委員会)

第49回JXTG音楽賞 洋楽部門 本賞 尾高 忠明(おたか ただあき)(指揮)

略歴

©Martin Richardson

神奈川県鎌倉市生まれ。桐朋学園大学で斎藤秀雄氏に師事、またウィーン国立アカデミーに留学し、ハンス・スワロフスキー氏に師事した。NHK教育番組に多数出演し、クラシック音楽の啓蒙に尽力した。国内主要オーケストラへの定期的な客演に加え、ロンドン交響楽団、ベルリン放送交響楽団など世界各地のオーケストラへ客演している。1991年サントリー音楽賞を受賞。また、1997年英国エリザベス女王より大英勲章CBEを授与、1999年には英国エルガー協会より日本人初のエルガー・メダルを贈られている。NHK交響楽団正指揮者、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団桂冠指揮者、札幌交響楽団名誉音楽監督、東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、読売日本交響楽団名誉客演指揮者、紀尾井ホール室内管弦楽団桂冠名誉指揮者に加え、2018年より大坂フィルハーモニー交響楽団音楽監督に就任した。現在、東京藝術大学名誉教授、相愛大学、京都市立芸術大学客員教授、国立音楽大学招聘教授を務めている。

贈賞理由

指揮者は70代からが力の見せ所とはよく言われることだが、これまですでに内外の優れたオーケストラの首席指揮者や音楽監督として充実した業績を重ね、昨年大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督に着任した尾高忠明氏は、まさにそれを地でいくような快進撃を続けている。着任初年度に、指揮者にとってもオーケストラにとっても真の実力が問われるベートーヴェンの交響曲全曲に、敢えて既存のスタイルで挑戦し、作品の真価というものは演奏スタイルを超えた所にあることを、円熟、果敢な解釈で示し聴衆を圧倒したからだ。その比類のない完成度の高さを見ていると、彼は今このオーケストラに、歴史に残る偉大な1ページを刻み、自らの指揮芸術の集大成を計ろうとしているかのようにも見える。今後必ずや訪れるであろうさらなる高みへの飛翔を心から期待して本賞を贈呈する。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

第49回JXTG音楽賞 洋楽部門 奨励賞 吉井 瑞穂(よしい みずほ)(オーボエ)

略歴

©Satoko Imazu

神奈川県鎌倉市出身。東京藝術大学入学後、渡独しカールスルーエ国立音楽大学を首席で卒業。日本音楽コンクール優勝ほか、英バルビローリ国際コンクール、日本管打楽器コンクールで入賞。アバドに認められ、2000年からマーラー室内管首席奏者として欧州を中心に演奏活動を行う。アバドをはじめ(共演200回以上)、ヴァント、アーノンクール、ブーレーズ、ハーディングといった巨匠の指揮で演奏を重ねる一方、欧州の主要オーケストラ、アンサンブルから頻繁に客演首席奏者として招かれている。ソロや室内楽でも精力的な活動を展開し、テツラフ弦楽四重奏団、アンスネス、フロストらと共演する、甘美な音色と豊かな音楽性で世界の聴衆を魅了する国際派オーボエ奏者である。ニューヨークのマンハッタン音楽院、イギリス、スペイン、ドイツ、コロンビア、ベネズエラなどでマスタークラス教授として招かれ、後進の指導にあたっている。東京藝術大学非常勤講師、ルツェルン祝祭管設立メンバー。

贈賞理由

きわだって表情ゆたかな吉井瑞穂氏のオーボエは、音楽の喜びを全方位にたちまち伝播させる強い喚起力をもつ。若くして欧州へ渡り研鑽を積んだのち、当地の名門、マーラー・チェンバー・オーケストラで長年首席奏者を務めた賜物であろう。近年、生活拠点を故郷・鎌倉に移してからは、その成果を、ソロおよび室内楽の活動をとおして日本に還元すべく力を注いでいる。とりわけ、自ら設立した音楽祭「レゾナンス 鎌倉の響き」(2015年~)では、舞踊芸術ほか異分野との協働も交えて、寺院や学校など地域のさまざまな生活圏に出向くという斬新な試みを継続。音楽の一極集中、旧態然とした上演形態に対する問題提起ともなっており、その高い社会意識をもあわせて顕彰したい。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

選考委員(敬称略、順不同)

児童文化賞 野上 暁 児童文化研究家
仲居 宏二 放送コンサルタント・元聖心女子大学教授
山極 壽一 京都大学総長
音楽賞 邦楽部門 徳丸 吉彦 聖徳大学教授・お茶の水女子大学名誉教授
塚原 康子 東京藝術大学教授
加納 マリ 日本音楽研究家
音楽賞 洋楽部門 関根 礼子 音楽評論家
中村 孝義 大阪音楽大学理事長・名誉教授
舩木 篤也 音楽評論家

歴代受賞者リスト(敬称略)


「JXTG児童文化賞」および「JXTG音楽賞」は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から東京2020公認プログラム(文化)に認証されるとともに、公益社団法人企業メセナ協議会から「This is MECENAT 2019」に認定されました。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。