児童文化賞・音楽賞

概要

JXTG児童文化賞(創設1966年)

日本の児童文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞です。童画家、教育者、写真家、児童文学作家、子供新聞の編集者、ミュージカル主宰者など、さまざまな分野で児童文化に貢献された方々の中から受賞者が選ばれています。

賞創設のきっかけは1963年に遡ります。この年、当時のモービル石油創業70周年記念行事として、赤い馬をテーマにした創作童話を一般公募したところ、3,461点もの応募がありました。川端康成、波多野勤子、壷井栄、坪田譲治、藤田圭雄、筒井敬介の六氏により審査が行われた結果、福永令三氏の「十二色のクレヨン」が特選に選ばれました。

特選を含めた入選作を収録した童話集「赤馬物語」を全国の小学校へ寄贈したところ、教育界や児童文学界より大きな反響をいただいたことから、対象分野を児童文化全般に広げ、全国的に著名な活動から地域の活動まで幅広く受賞者が選ばれています。

JXTG音楽賞(創設1971年)

日本の音楽文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞で、邦楽部門および洋楽部門(本賞・奨励賞)の二部門にて構成されています。

邦楽部門では、雅楽、能、狂言、琵琶楽、尺八楽、箏曲、多様な三味線音楽、囃子など日本の伝統音楽の分野における演奏家・団体、さらには作曲者、研究者、評論家など、幅広い分野の中から邦楽の発展に寄与された方々が受賞者として選ばれています。また、これまでに21名の受賞者が、受賞後に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。

洋楽部門においては、作曲、指揮、声楽、そしてピアノ、ヴァイオリン、チェロなどの洋楽器の演奏、音楽ジャーナリズムや研究・評論などの分野において、日本の洋楽の発展に貢献された方々が受賞者として選ばれています。さらに1989年より、優れた若手音楽家を励ますために、本賞に加えて奨励賞が設けられました。

邦楽部門と洋楽部門を併せ持ち、単年度内の功績ではなく、それまでの実績全体に視点をおいた選考がなされている点が特色です。

2018年 受賞者(敬称略)

第53回JXTG児童文化賞 奥本 大三郎(おくもと だいさぶろう)(作家・フランス文学者)

略歴

撮影:島袋智子

大阪府生まれ。東京大学仏文科卒業、同大学院修了。フランス文学研究・教育に携わり、ボードレール、ランボーなどの象徴派詩人の研究を専門とするフランス文学者で、大阪芸術大学教授、埼玉大学名誉教授を歴任。幼少より虫を愛好し、1991年より2010年まで日本昆虫協会会長、2002年よりNPO日本アンリ・ファーブル会理事長、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長を務めている。主な著書に「虫の宇宙誌」、「楽しき熱帯」、「斑猫の宿」、「星の王子さま」、「散歩の昆虫記」、「ぼくらの昆虫記」など、昆虫に関する著書・翻訳が多数ある。近年、「ジュニア版ファーブル昆虫記」の翻訳に続き、「完訳版ファーブル昆虫記」を十数年かけて刊行した。現在、朝日小学生新聞にて「ファーブル先生の昆虫教室」を連載している。

贈賞理由

子どものころから虫に魅せられ、長じてフランス文学者となった奥本大三郎氏は、30年の歳月をかけて昨年ついに「完訳版ファーブル昆虫記」(全10巻20冊)の大著を完成するという歴史的な偉業を成し遂げた。その間、「ジュニア版ファーブル昆虫記」(全8巻)を刊行するなど、子どもたちにファーブルの世界を紹介しながら虫の生態の不思議さや面白さを伝えるとともに、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」を開館し、自ら館長として様々な企画と運営に関わり続けている。このような活動を通して、子どもたちに自然の素晴らしさと虫たちが暮らせる環境の大切さや、科学的思考の楽しさと必要性を伝え続けている。これらの功績が高く評価されて今回の贈賞となった。

(児童文化賞 選考委員会)

第48回JXTG音楽賞 邦楽部門 杵屋 勝国(きねや かつくに)(長唄 三味線方)

略歴

福岡県生まれ。東京藝術大学音楽学部卒業。6歳のときに杵屋寿太郎に入門、また七代目杵屋勝三郎にも師事する。初舞台は、1955年福岡電気ホールにて「多摩川」を演奏。14歳で杵屋勝国の名を許される。1982年にジャパンソサイティ75周年記念アメリカ公演に出演のほか、デンマーク政府招待による独奏公演、ハワイ、ヨーロッパでの長唄演奏公演など、海外での活動も行っている。歌舞伎界では、1980年浅草公会堂での「鷺娘」「伴奴」で初めて立て三味線を務めた。その後、坂東玉三郎丈、故十八代目中村勘三郎丈の歌舞伎舞踊で常時立て三味線を務めており、そのほか多くの歌舞伎公演や長唄演奏公演、テレビ・ラジオにも出演するなど、幅広く活躍している。また、「末広」「百千鳥娘道成寺」「隅田川」の創作・作曲もおこない、「長唄名曲全集」や「日本舞踊曲大全集」などのCD、DVDが出版されている。現在、一般財団法人杵勝会理事長、長唄くにね会主宰。

贈賞理由

杵屋勝国氏は若い頃から七世杵屋勝三郎師の薫陶を受け、長唄の古典にふさわしい優れた音楽性を獲得した。現在、歌舞伎における長唄の中心的な音楽家として、長唄を歌舞伎に相応しい壮大な様式で演奏している。それと同時に、その演奏は細部まで見事に調整されたもので、音色の多様な変化と繊細な表現を兼ね備えている。このように大きさと繊細さの双方をもった演奏様式は、とくに《船弁慶》や《虎狩》などの二世杵屋勝三郎の代表的な大作の演奏で見事に発揮される。勝国氏はさらに長唄三味線のための現代音楽でもその名人芸を披露している。本選考委員会は、杵屋勝国氏が長唄三味線の代表的な音楽家として、長唄界を牽引している功績を極めて高く評価するものである。

(音楽賞邦楽部門 選考委員会)

第48回JXTG音楽賞 洋楽部門 本賞 池辺 晋一郎(いけべ しんいちろう)(作曲)

略歴

©東京オペラシティ文化財団
撮影:武藤章

茨城県水戸市生まれ。東京藝術大学、同大学大学院修了。池内友次郎、矢代秋雄、三善晃の諸氏に師事。1996年より2009年3月まで13年間、NHKテレビ「N響アワー」の司会を担当し、好評を博した。現在、東京音楽大学名誉教授、全日本合唱連盟顧問、横浜みなとみらいホール館長、東京オペラシティ・ミュージックディレクター、石川県立音楽堂洋楽監督などを務めている。作品には、交響曲No.1~10、ピアノ協奏曲No. 1~3、チェロ協奏曲、オペラ「死神」「鹿鳴館」「高野聖」をはじめ、管弦楽曲、室内楽曲、合唱曲など多数あり、また、映画「影武者」「楢山節考」「うなぎ」「スパイ・ゾルゲ」「剱岳・点の記」、テレビ「独眼竜政宗」「元禄繚乱」など多数の映画、ドラマ音楽の他、演劇音楽約470本を担当している。著書に「空を見てますか1~8」「モーツァルトの音符たち」「オーケストラの読みかた」などがある。

贈賞理由

東京藝術大学在学中の1966年に日本音楽コンクール第1位となったのを皮切りに、以後、わが国の作曲界を代表する一人として力強く歩みつづけて半世紀を越えた。今や作曲だけでなくホール等の事業、関連団体の役職、著作、メディアなどを通して、日本の音楽活動の健全な発展に大きく寄与する重要な存在となっている。これまでに発表された作品では、全10曲に及ぶ交響曲等の器楽曲のほか、特にオペラ、合唱曲などの声楽作品は幅広い層に普及して親しまれている。常に社会との関わりのなかで表現を追求する姿勢が、シリアスな世界やドラマティックな表現力の確かさ、ユーモラスな味わい、叙情的な感情の掘り下げ、日本の近現代史への鋭い切り込みを生むなど、幅広い表現世界に結びついている。これまでの業績を高く評価するとともに、今後の活躍を期待してJXTG音楽賞本賞を贈る。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

第48回JXTG音楽賞 洋楽部門 奨励賞 小倉 貴久子(おぐら きくこ)(フォルテピアノ)

略歴

岩手県一関生まれ。東京藝術大学を経て同大学大学院修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞を得て首席卒業。各ホール主催公演や音楽祭、NHK「クラシック倶楽部」「ぴあのピア」「名曲探偵アマデウス」「ららら♪クラシック」などへの出演や、NHK「カルチャーラジオ芸術の魅力~モーツァルトが出会った音楽家たち」の講師を務める。浜松市楽器博物館主催の録音やコンサートも高い評価を得る。これまでにCDを40点以上リリースし、それらの多くが朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などの各新聞紙上や「レコード芸術」誌等で推薦盤や特選盤に選ばれている。著書に「カラー図解ピアノの歴史」(河出書房新社)などの共著や監修が多数ある。2004年度より東京藝術大学古楽科非常勤講師を務めている。「フォルテピアノ・アカデミー SACLA」主宰。現在は、「小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》」シリーズコンサートを開催している。

贈賞理由

小倉貴久子は日本を代表するクラヴィーア奏者である。しかも、フォルテピアノという古楽器の名演奏家として広く知られている。これまで、「音楽の玉手箱」「ベートーヴェンをめぐる女性たち」などを展開、現在は「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」をシリーズ化して興味深い演奏会を提供し続けている。また、その一方では、ソロ、室内楽、協奏曲などバロックから近・現代まで幅広いレパートリーで演奏活動もしており、浜松市楽器博物館コレクションシリーズの録音での演奏も高い評価を得ている。2013年の「輪舞(ロンド)~モーツアルトの輝き~」の他、これまでCDを40点以上リリースし、そのいずれもで、典雅で優美な演奏によりフォルテピアノの世界をさらに親しみ深い存在とする役割を果たしてきた。この領域におけるこれまでの業績を高く評価するとともに、今後のさらなる活躍を期待してJXTG音楽賞奨励賞を贈る。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

選考委員(敬称略、順不同)

児童文化賞 野上 暁 児童文化研究家
仲居 宏二 放送コンサルタント・元聖心女子大学教授
山極 壽一 京都大学総長
音楽賞 邦楽部門 徳丸 吉彦 聖徳大学教授・京都市立芸術大学客員教授
お茶の水女子大学名誉教授
塚原 康子 東京藝術大学教授
加納 マリ 日本音楽研究家
音楽賞 洋楽部門 関根 礼子 音楽評論家
中村 孝義 大阪音楽大学理事長・名誉教授
諸石 幸生 音楽評論家

歴代受賞者リスト(敬称略)


「JXTG児童文化賞」および「JXTG音楽賞」は、公益社団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から東京2020公認プログラム(文化)に認証されるとともに、公益社団法人企業メセナ協議会から「This is MECENAT 2018」に認定されました。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。