ページ内移動用のリンクです


CSR活動

児童文化賞・音楽賞

概要

JXTG児童文化賞(創設1966年)

日本の児童文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞です。童画家、教育者、写真家、児童文学作家、子供新聞の編集者、ミュージカル主宰者など、さまざまな分野で児童文化に貢献された方々の中から受賞者が選ばれています。

賞創設のきっかけは1963年に遡ります。この年、当時のモービル石油創業70周年記念行事として、赤い馬をテーマにした創作童話を一般公募したところ、3,461点もの応募がありました。川端康成、波多野勤子、壷井栄、坪田譲治、藤田圭雄、筒井敬介の六氏により審査が行われた結果、福永令三氏の「十二色のクレヨン」が特選に選ばれました。

特選を含めた入選作を収録した童話集「赤馬物語」を全国の小学校へ寄贈したところ、教育界や児童文学界より大きな反響をいただいたことから、対象分野を児童文化全般に広げ、全国的に著名な活動から地域の活動まで幅広く受賞者が選ばれています。

JXTG音楽賞(創設1971年)

日本の音楽文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞で、邦楽部門および洋楽部門(本賞・奨励賞)の二部門にて構成されています。

邦楽部門では、雅楽、能、狂言、琵琶楽、尺八楽、箏曲、多様な三味線音楽、囃子など日本の伝統音楽の分野における演奏家・団体、さらには作曲者、研究者、評論家など、幅広い分野の中から邦楽の発展に寄与された方々が受賞者として選ばれています。また、これまでに21名の受賞者が、受賞後に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。

洋楽部門においては、作曲、指揮、声楽、そしてピアノ、ヴァイオリン、チェロなどの洋楽器の演奏、音楽ジャーナリズムや研究・評論などの分野において、日本の洋楽の発展に貢献された方々が受賞者として選ばれています。さらに1989年より、優れた若手音楽家を励ますために、本賞に加えて奨励賞が設けられました。

邦楽部門と洋楽部門を併せ持ち、単年度内の功績ではなく、それまでの実績全体に視点をおいた選考がなされている点が特色です。

2017年 受賞者(敬称略)

第52回JXTG児童文化賞 萩尾 望都(はぎお もと)(漫画家)

略歴

写真提供 「美しいキモノ」
©宮脇 進

福岡県大牟田市出身。高校2年生の時に手塚治虫「新撰組」に強く感銘を受け、漫画家を志し、1969年に「ルルとミミ」が「なかよし」夏休み増刊号に掲載されデビューした。「ポーの一族」は、「永遠にこどもであるこどもをかきたい」との発想から、石ノ森章太郎の「きりとばらとほしと」の吸血鬼の設定の一部をヒントに構想を思いつき、代表作となった。1985年頃から舞台演劇やバレエへの関心が高まり、「半神」を野田秀樹と共作で脚本を手がけ舞台化、「フラワー・フェスティバル」、「青い鳥」、「海賊と姫君」などのバレエ作品を描いた。2016年には連載終了から40年ぶりに「ポーの一族」の新作を発表している。日本SF作家クラブ、日本漫画家協会に所属。日本SF大賞、手塚治虫文化賞などの選考委員を務めた。2011年に女子美術大学芸術学部アート・デザイン表現学科メディア表現領域客員教授に就任。

贈賞理由

1970年代に、「ポーの一族」、「トーマの心臓」、「11人いる!」を皮切りに、少女漫画の世界を少年たちの未分化で妖しく、美しくはかない世界の交流へと変身させ、児童文化に新しい風を吹き込んだ。そのみずみずしい感性は、「ウは宇宙船のウ」や「百億の昼と千億の夜」などのSF、「イグアナの娘」、「残酷な神が支配する」などのサイコ・サスペンスへと結晶し、現代社会の諸問題を扱って人々に衝撃を与えた。時空間を自在に超える視野と、スケールの大きい世界の中で人間存在を見つめる鋭い眼を持ち続け、現代社会に新しい提案を発し続けている。東日本大震災の後は、原発事故を扱った「なのはな」などで現代を問い続けている。児童文化の世界にとどまらない多彩な内容の作品で、漫画を、文学を感じさせる高みへ引き上げた多大な功績は高く評価される。

(児童文化賞 選考委員会)

第47回JXTG音楽賞 邦楽部門 豊竹 呂太夫 (とよたけ ろだゆう)(文楽義太夫節太夫)

略歴

©出上実

大阪府岸和田市生まれ。東京都立小石川高等学校卒業後、1967年三代竹本春子太夫に入門し、祖父 十世豊竹若太夫(人間国宝)の幼名の豊竹英太夫を名乗る。1968年大阪毎日ホールで初舞台。1969年春子太夫の逝去により、四代竹本越路太夫(人間国宝)の門下となる。2004年2月パリで開かれた文楽の世界無形遺産認定記念公演に出演。その他南北アメリカ・ヨーロッパ・ロシア・韓国など海外公演に参加。2017年4月大阪・国立文楽劇場において、六代豊竹呂太夫を襲名し、「菅原伝授手習鑑・寺子屋の段」で披露。「ゴスペル・イン・文楽」に代表される新作にも取り組み、近年では日舞・能・落語・クラシック音楽・現代詩・韓国のパンソリなどと共演。伝統を守りつつ新しい試みに挑戦している。多くの素人弟子を持ち、年1回の発表会には40人余りが参加。2017年3月「六代豊竹呂太夫・五感のかなたへ」(共著・創元社)を出版。

贈賞理由

入門から50年を迎えた本年4月、祖父・豊竹若太夫ゆかりの名跡を襲名した豊竹呂太夫氏は、前名の英太夫時代から、てらいのない情味あふれる語り口で人々を魅了してきた。新作文楽や、舞踏・ジャズ・現代詩などとのコラボレーションなどの現代的な活動を行う中でも、竹本春子太夫・竹本越路太夫らの先人たちから薫陶を受けた呂太夫氏のどこか古風な持ち味は変わることなく、21世紀にあって義太夫節がなお多彩な伝承を保持していく上でかけがえのない人材となっている。人形浄瑠璃文楽がもつ豊饒な物語世界を現代社会に向けて表現し発信する核となる存在として、今後のさらなる充実と幅広い活躍が強く期待される。

(音楽賞邦楽部門 選考委員会)

第47回JXTG音楽賞 洋楽部門 本賞 モルゴーア・クァルテット(弦楽四重奏)

略歴

©Norikatsu Aida

モルゴーア・クァルテットは、ショスタコーヴィチの残した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するため、1992年秋に結成され、今年結成25周年を迎える弦楽四重奏団。2001年1月の第14回定期演奏会で、ショスタコーヴィチの残した弦楽四重奏曲全15曲を1回目の完奏。同年4月、第2ヴァイオリンを青木高志から戸澤哲夫に交代。2008年11月には東京フィルハーモニー交響楽団にマルティヌー作曲「弦楽四重奏と管弦楽のための協奏曲」のソリストとして招聘され、高いクオリティを評価された。古典から現代音楽、プログレッシヴ・ロックまで、ボーダーレスな弦楽四重奏団としても高い評価を受けており、斬新なプログラムと曲の核心に迫る演奏は常に話題と熱狂を呼んでいる。「モルゴーア」はエスペラント語(morgaŭa=明日の)に原意を持つ。

  • メンバー
    • 荒井英治(あらい えいじ) 第1ヴァイオリン:日本センチュリー交響楽団首席客演コンサートマスター
    • 戸澤哲夫(とざわ てつお) 第2ヴァイオリン:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター
    • 小野富士(おの ひさし) ヴィオラ:NHK交響楽団ヴィオラ奏者
    • 藤森亮一(ふじもり りょういち) チェロ:NHK交響楽団首席チェロ奏者

贈賞理由

1992年ショスタコーヴィチが残した全15曲の弦楽四重奏曲を演奏しようと結成された、今や我が国を代表 するクァルテットの名門、それがモルゴーア・クァルテットである。1993年6月に演奏活動をスタートさせたが、2001年には完奏している。以来、これまでにショスタコーヴィチの連続演奏会を4回にわたって行うなど、 文字通り他に比すべきもののない実績を挙げてきた。勿論、この他にもベートーヴェン、バルトーク、さらにハイドン、そして世紀末のドイツ、オーストリア作品にも取り組み大きな成果を上げてきた。さらに、プログレッシヴ・ロック・アルバム「21世紀の精神正常者たち」(2011)「原子心母の危機」(2014)をリリース、2017年には、EL&Pのキース・エマーソンとグレッグ・レイクに捧げた「トリビュートロジー」を発表するなど、ボーダーレスな弦楽四重奏団として独自の存在感をアピールしている。これまでの演奏活動、ことに弦楽四重奏の枠を超えた演奏活動を高く評価するとともに、今後のますますの活躍を祈念して本賞を贈る。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

第47回JXTG音楽賞 洋楽部門 奨励賞 中村 恵理(なかむら えり)(ソプラノ)

略歴

大阪音楽大学、同大学院修了。新国立劇場オペラ研修所を経て、2008年英国コヴェントガーデン王立 歌劇場にデビュー。翌年、同劇場の「カプレーティ家とモンテッキ家」にネトレプコの代役として出演し、一躍脚光を浴びる。そののち、カーディフ国際声楽コンクールにて、歌唱賞・オーケストラ賞の両部門で本選進出。 2010~2016年、バイエルン国立歌劇場のソリストとして専属契約。「フィガロの結婚」スザンナ役でデビュー後、ケント・ナガノ、キリル・ペトレンコ、大野和士らの指揮のもと、「魔笛」「ホフマン物語」「ヘンゼルとグレーテル」等に主要キャストとして出演。その他、ベルリン・ドイツ・オペラ、ザルツブルグ州立歌劇場など客演多数。2016年11月には「チェネレントラ」でウィーン国立歌劇場にデビューするなど活躍の場を広げている。2017年は新国立歌劇場および兵庫県立芸術文化センター「フィガロの結婚」をはじめ、各地でのリサイタルが予定されている。大阪音楽大学客員准教授。

贈賞理由

若手ソプラノ歌手のトップを走る有力な一人として、内外で優れた実績を重ねている。新国立劇場オペラ研修所修了後すぐに新国立劇場《イドメネオ》のイーリア役などで注目され、オランダとイギリスでの研鑽を経てバイエルン国立歌劇場専属歌手(2010~16)として活躍。ウィーン国立歌劇場他にも客演。プロのオペラ歌手としての厳しい修練の年月を経て、今や安定した美しい声とテクニック、彫りの深い表現力を獲得している。西洋オペラの通常の演目はもちろん、現代作品や日本歌曲、女性作曲家の作品への鋭敏な切り込みなど、新しいレパートリーへの挑戦もめざましい。今後は一層じっくりと自身の表現世界を確立していくことを期待したい。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

選考委員(敬称略、順不同)

児童文化賞 野上 暁 児童文化研究家
仲居 宏二 放送コンサルタント・元聖心女子大学教授
山極 壽一 京都大学総長
音楽賞 邦楽部門 徳丸 吉彦 聖徳大学教授・京都市立芸術大学客員教授
お茶の水女子大学名誉教授
塚原 康子 東京藝術大学教授
加納 マリ 日本音楽研究家
音楽賞 洋楽部門 関根 礼子 音楽評論家
中村 孝義 大阪音楽大学理事長・名誉教授
諸石 幸生 音楽評論家

歴代受賞者リスト(敬称略)

「第52回JXTG児童文化賞」 および「第47回JXTG音楽賞」は、2017年、公益社団法人企業メセナ協議会による「This is MECENA」に認定されました。